FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

里親募集

ネコカフェで、里親募集の張り紙を良く目にする。
張り紙
ネコカフェに引き取ってくれと依頼する、あるいは猫好きのお客さんの目に留まれば、と期待する人が多いのだろう。

ネコカフェからみると、お店で簡単に引き取ることはほぼ不可能と思う。
無計画に扶養猫を増やすことは、お店のキャパや猫種からいっても難しい。
関西のネコカフェは、猫好きが高じて開業し、猫は家族同然という雰囲気のところばかりである。突然、紹介された他人を扶養家族あるいは従業員とする人が奇特であるように、突然持ち込まれた猫を引き取るネコカフェもまた奇特と言わざるを得ない。
中には奇特な人もいるかもしれないが、そんな奇特なネコカフェが現れるには、まだあまりに店舗数が少ないのだ。

たまたま、猫を増やそうと思っていたタイミングに合致すれば幸運と言うしかなく、その幸運の元でさえも、色々と段取りが必要である。
ましてや突然に猫そのものを持ち込まれたりしたら、病気などの確認も必要となり、ケージで隔離して対応に追われ、本業に支障をきたすこと必至であろう。

私は、個人的にはネコカフェと里親募集というのは、現状ではそぐわないと思っている。
(ほかにも、そぐわないのではと思うものはあるが、それはまた別の記事に。)

沢山の猫が闊歩する非日常空間を求めてきたものにとっては、里親募集というのは、日常に近すぎる。それも悲しい気分の日常に。

かといって、ネコカフェ側も、せめて張り紙を、と依頼されたら断り難いだろう。

猫好きならば、無碍に断ることはできないし、純粋にビジネスとして考えたって、断れば悪い噂の元にもなりかねない。断るようなお店ということもまた、お客さんの求める癒し的要素と反するものである。

張り紙は掲示するけど、あとは依頼主と引き取り手の当事者同士にお任せする、というのが現状、落ち着いたところか。

個人的には、週に一回くらいは現況を更新してくれる依頼主なら、里親募集と貼ってあっても、そんなに悲しい気分にならずに見ることもできるかなぁと思う。

貼りっぱなしの同じ張り紙をあちこちのネコカフェで見ると、特に子猫だったりした場合は、どうなったのかなぁと思ってしまう。体重や病状などが書いてある場合はなおさらだ。
そして、幸いにも引き取り手が見つかった場合は、それも知らせてくれれば、とても嬉しい気分になるものだ。

張り紙を依頼する人も、おそらくは猫に手を差し伸べてしまう人の良い方なのだろうと思う。
しかし、実際、引き取ってもらえた猫は少数派であり、数少ない事例だからこそ、美談として扱われていると思うのだ。

毎週でも更新されれば、やはり見るほうも気になるし、依頼主の本気度も伝わってくる。心動かされる人だって出てくるかもしれない。
単に張り紙をたくさんの箇所に張って人目に触れるようにするだけでなく、是非、経過を更新していただきたい。
そうすれば、より救われる猫も増えるのではないか、また張り紙の注目も違ってくるのではないかと愚考する。
幸せな報告
スポンサーサイト

テーマ:ネコカフェ - ジャンル:ペット

12 : 35 : 46 | ネコカフェ雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<死が我々を分つのか、あるいは追憶を抱き何時か再会を | ホーム | はじめに>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gozaruneko.blog79.fc2.com/tb.php/15-ddb698f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

誤猿猫

Author:誤猿猫
近頃、各地に増えてきたネコカフェ。
各店各様の個性を、ばっさり書いていこうと思います。
このBLOGが皆さんのネコカフェめぐりの一助となれば幸いです。
なお、採点は、あえて差を明確にするべく多少オーバーに書いています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ネコカフェ情報 (4)
ネコカフェ雑感 (9)
ネコカフェ ガイド (17)
猫カフェ まとめ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。